お疲れ様です。合気道通信・編集部 編集長です。

先週日曜日は本部道場の金沢先生の稽古を受けてきました。新川塾には売りが多々ありますが、その筆頭ともいえるのが月に一回、本部師範の金沢先生が教えに来てくれることです。通常の道場で本部師範が教えに来ていただけるところもそう多くはありません。

そんなご縁を生かすべく、昨年末より本部道場へ行きだしました。まだ三回ですがちょっとレポートします。まずは受付でビジター料金¥1575と会員書を提出します。そして道場のある3階に上がり更衣室で着替えます。中に入ると強そうなおじさんやお兄さんがわさわさいて、俺って大丈夫か?と不安になります。

いよいよ道場へ。本部道場の床は畳ではなくマットになっているので、結構滑りますから注意が必要です。開始三分前に整列、金沢先生が入ってきます。同じ金沢先生ですが、新川塾とは違う緊張感。右も左も知らない人ばかりです。準備体操後稽古が始まります。この日は逆諸手取り呼吸法から。

緊張+難しい技で頭が真っ白になりそうですが、そんなところに金沢先生が歩み寄ってくれます。「いや~、来たねー、編集長!」と大きな声をかけてくれます。本部道場に集まる70~80人くらいの方の視線が集まります。約1時間の稽古時間中にも何回も指導していただき、大満足の稽古でありました。

会員の皆さんも是非、このご縁を生かすべく、ご一緒しませんか?